« HDDを分解してみる | トップページ | 狐ではなく猫につままれる »

2008/06/24

梅雨が来ると男の傘が地味なのを改めて認識する

電車に乗り車内に視線を廻らすと、男の雨傘が地味なことを毎年痛感する。

かく言う自分も、中学卒業以降、ビニール傘しか使ってない。


傘は雨が避けられれば何でも良いと考える人にとって、使い捨てに出来ない傘を選択する理由は無いのだけれど、何だか侘しい。

|

« HDDを分解してみる | トップページ | 狐ではなく猫につままれる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨が来ると男の傘が地味なのを改めて認識する:

« HDDを分解してみる | トップページ | 狐ではなく猫につままれる »