« ピータンを食べる | トップページ | 香港料理 »

2009/01/14

似たようなネタが続きます

中国の家庭料理の1つ「番茄炒蛋」。有名な料理なのだが、何のことかと言うと、卵とトマトの炒め物。

中華料理屋に行ってこのメニューがあれば、まず頼む。そして、自分好みの味を出してくれる店なのかを判断する材料にしている。

さて、この料理、家庭料理をメインにしている中華料理屋なら、かなりの確率でメニューに記されているのだが、当然、メニューにない店もある。

そこで沸く疑問。この料理、どこが発祥? いわゆる4大料理の、北京、四川、上海、広東のうち、四川発祥で正解? でも、北京料理屋でも出てくるよね。そもそも、カテゴライズするのが難しいくらい、中国全土で食されているもの? 上海料理や広東料理では、あまり目にしたこと無いけどねぇ。

つまるところ、メニューに無くても頼めば出てくるものなのかっていうことが知りたいのです

|

« ピータンを食べる | トップページ | 香港料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似たようなネタが続きます:

« ピータンを食べる | トップページ | 香港料理 »